イベント

札幌雪まつりつどーむ会場には大人も楽しめる滑り台?小さい子供は?

投稿日:

第69回さっぽろ雪まつり(2018)つどーむ会場に行ってきました!

雪まつりといえば大通公園の雪像観賞ですが、つどーむ会場は子供にも大人にもおススメです!

2018年のアトラクションをいくつか体験してきたのでご紹介します。

これからお出かけする方は参考にして下さいね。

スポンサーリンク

札幌雪まつりつどーむ会場は大人も楽しめる?

全国的にも知名度が高い札幌雪まつりのメイン会場は大通公園ですが、お子さんが小さいご家族にはつどーむ会場がおススメです。

2月4日にはドラえもんの写真撮影会やウルトラマンオーブのイベントがあったり、12日にはNHKワンワンと遊ぼうショーなどが開催されます。

屋内会場にはフワフワ系の遊具(有料)やバンジートランポリンなどもあり、ファミリーを意識した構成になっています。

「子供に付き合って行ってみるか」と腰を上げる大人たちが多いと思われますが、意外と大人も楽しめるんです!というか楽しまないともったいないです!

2018年のつどーむ会場のアトラクションを一部ご紹介します。

スノーラフティング(有料)

ミニ・スノーフットゴルフ(無料)
サッカーボールをカップに入れてスコアを競うゲームです。

雪の滑り台は小さいものから大きいものまで5種類あります。(無料)

屋内会場にはフードブースもあり、アツアツのラーメンや北海道産のコロッケ、クレープに美味しいコーヒーもありました。ラーメンは6日(火)までと残念です。アツアツを食べることができて美味しいので是非開催期間中ずっと提供してほしいですね。

屋内会場は扉が開け放たれているため、外よりは暖かいものの上着を脱ぐには寒い状況でした。数時間滞在するのであれば、しっかりとした防寒対策をお勧めします。

私は息子と遊ぶ気満々でスキーウェアを着て行きましたが、会場を見渡すと・・・
子連れ家族は上下ウェアを着込んでいます。恋人同士は街歩きの恰好が多いですね。観光客は半分半分といったところでしょうか。

スポンサーリンク

屋外会場で身体が冷えてしまっても、屋内会場もそんなに暖かくないので暖は取れません。カイロやネックウォーマーを装備していく、靴には冬用の中敷きを入れるなど、防寒対策をして下さい。

札幌雪まつりの滑り台

一番大きい滑り台が「日清のどん兵衛チューブスライダー」で、年齢制限が4歳以上なので、2歳の息子を夫に任せて滑ってきました(^_^;)4歳以上であれば膝に乗せて一緒に滑れます。

私が行った日は空いていたので待ち時間もほぼ無く、チューブを受け取り雪の階段を登り始めました。日ごろの運動不足にはなかなかしんどい高さです。

いざ自分の番になり、チューブに座って下を見ると、「おお!」なかなかの傾斜です。ちょっと怖い、でも楽しみ。こんなに高い所から下に降りて行くのは15年ぶりくらいです(;´▽`A“

「行きますよ~」とおねえさんに押してもらい、「おお~」とか「んん~」とか言いながらアラフォーおばさんがチューブでしばしのスリルを味わいました。

思っていたよりも楽しくて、「これは、小学生くらいに戻ったら飽きるまでやりたいだろうな…」と子供のころのワクワクする気持ちを思い出しました。

さすがに夫と息子を待たせているので1回しか滑れませんでしたが、ちょっとしたストレス解消になりました。

この滑り台は無料ということもあり、開催期間中は混雑すると思いますが、チャンスがあればぜひチャレンジしてみて下さいね。

札幌雪祭りは小さい子供にも・・・

今回は2歳になったばかりの息子を連れて行きましたが、つどーむ会場には小さい子向けの遊び場も充実していて楽しめました。

息子は一番小さい滑り台がある「雪のトンネル広場」が気に入って、ほとんどの時間をそこで費やしましたが、「ファミリーチューブスライダー」では一緒にチューブで滑ることもできますし、「ミニ・フットゴルフ」でもボールをキックして遊ぶことができます。

親が一番気になったの「カルビーフルグラ スノーストライダー」です。

2歳から6歳未満が対象の足でけって進む自転車の雪上バージョンです。前から気になっていたのでトライしてほしかったけれど、お昼寝の時間になってしまい今回はできませんでした。来年もあるといいなあ・・・

子供の食事はフードブースで買ったかぼちゃのコロッケと持ち込みのお弁当でした。ラーメンや焼きそば、豚丼などを食べてくれると持っていかなくてもいいんですが、息子の場合はまだ外食だけだと厳しいです。

かぼちゃのコロッケ(くりやまコロッケ)は甘くて美味しかったです(*^_^*)

まとめ

楽しめるのは子供だけかと思っていたつどーむ会場の雪まつり、夫の協力もあり、なかなか満喫できました。

一番の問題は「寒さ」と「混雑」だと思いますので、防寒着と出かける日にちや時間を考慮して、ぜひ年に一度の雪まつりを楽しんで下さいね。

お尻で滑らない限りは下のウェアは無くてもいいと思いますが、着ているのといないのでは寒さが違います。私は来年も上下着て行きます。

関連記事:札幌雪まつりのつどーむ会場に駐車場はある?シャトルバスに乗るべき?

スポンサーリンク

-イベント
-,

Copyright© 日々のはてなに答えるサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。