子供 生活・住まい

スキー場で子供の雪遊びの服装は?2歳児の例。必需品は?

投稿日:


子供は雪遊びが大・大・大好きです!

必要なものをそろえると出費がかさみますが、検討されているなら是非連れて行ってあげて下さい(*^_^*)

私は北海道生まれの北海道育ちなので、3歳くらいからスキーをしていましたし、毎日のように雪遊びをしていたので雪がある生活が当たり前になっていますが、雪が無い地域の方にとっては服装選びも悩みますよね。

しっかりと対策をして、寒さに負けない最高の思い出が作れるよう準備して下さいね。

我が家の2歳の息子のケースでご紹介します。

スポンサーリンク

スキー場で子供の雪遊びの服装は?

スキー場での雪遊びは、山の上ですから街中よりは気温が低いですし、天候によってかなり寒さに差が出ます。

晴天であれば汗をかき、上着を脱ぐところまで暖かい場合もありますし、-10℃を下回るような真冬日であればつま先や指先、耳や鼻がひりひりするくらい寒いです。

暑ければ脱げばいいだけなので、山に行く時はできる限りの装備を用意していきます。

最近ではスキー場にもそりやチューブ、スノースライダー、雪合戦を楽しめるようなキッズスペースが用意されていることが多いですね。

スキーやスノーボードは思いがけない怪我の原因になりますから、小さい子供は全く別のスペースで遊ぶのが基本です。

雪遊びのウェアは「ジャンプスーツ」や「スノーコンビ」と呼ばれるつなぎになっているものがおススメです。トイレや食事の際に不便かもしれませんが、風や雪が入らず、抱きあげたりした時にお腹が出たりするのも防げます。

実際に選んだり使ったりするとわかるのですが、同じジャンプスーツでもちょっと寒そうなものから、結構暖かそうなものまで色々です。例えば写真のジャンプスーツは茶色のものより緑色の方が中綿がもこもことしていて暖かそうです。

これから購入するのであれば、暖かそうなものを選んであげて下さい。

中に着る服は我が家の場合は、半袖のシャツとトレーナー、下は厚手のレギンスです。

息子は肌が弱く暑がりなので、フリースやボアのような化繊のモコモコしたものはあまり好みません。寒がりのお子さんには良いかもしれませんね。さらに長袖のシャツやタイツ、その上に短パンなども履かせればさらに保温効果があります。

気をつけることは、怪我防止のために帽子をかぶせること。帽子やイヤーマフで耳も隠してあげること

手袋は毛糸やフリースはNGです。雪遊びの時はナイロン製の雪がくっつかない手袋を用意して下さい。

スポンサーリンク

裾から雪が入りますので、「キャハン」または「雪よけカバー」などと呼ばれる装備が必須です。

靴は冬用の長靴かスノーブーツが良いです。できれば底に冬用の中敷きを敷いてあげると更に良いです。大人も子供も足元から冷えていきます。靴下もいつもより厚めのものを履かせてあげてください。

普段のズボンだと裾がブーツの中に入らなかったり、入っても折り目が足に当たって痛かったりしますので、タイツや裾が邪魔にならないものを選びましょう。

雪遊びをする2歳の服装は?

子供によって活動量が違ってくるので、弾丸のように走り回る元気君にはあまり厚着させない方がいいでしょうし、おっとりさんにはしっかりと防寒してあげた方がいいでしょう。

2歳になったばかりの息子は、外出したからと言ってテンションが上がるタイプでもないので、マイペースで自分の好きなことをじっくり楽しむことが多いです。寒い日は途中で足が冷たいと言うこともあるので、靴下を暖かいものにしました。

うなじのところが寒そうなので、ネックウォーマーを用意しましたが、つけないと言い張っています。

帽子も窮屈なのか痒いのか嫌がることが多いです。滑って転んで後頭部を打つこともよくあるので、なんとかごまかしながら被せています。

雪遊びで子供の必需品は?

雪遊びをする時の必需品

・ジャンプスーツまたはセパレートの防水防寒着

・耳が隠れる帽子または帽子とイヤーマフ

・ネックウォーマー

・ナイロン製の手袋(予備があると尚良い)

・キャハン

・冬用長靴またはスノーブーツ

・着替え一式(汗をかいたり、雪などで濡れてしまった時用)

・鼻水を拭いたりするポケットティッシュとハンカチ

・タオル

・そり(遊ぶ場所による)

・砂場用おもちゃ(幼児向き)と雪玉を作る道具

・晴天の場合は日焼け止め

・晴天の場合はできればサングラス

※スキー場で強い太陽光により角膜の表面が傷つくことがあります。「雪目」と言われ、目が痛くなったり、充血するなどし治療が必要になる場合もあります。小さい子供にサングラスをすることは難しいですが、あまりにも天気が良い日は注意して下さい。

こんなサングラスもあります。機嫌が良いとかけてくれます。フレーム素材が柔らかく、頭にかけるゴムバンドが付いています。

まとめ

スキー場で楽しく雪遊びをするためには、防寒対策をしっかりとして出かけて下さいね。

荷物が多いと大変ですが、山の景色と空気は清々しいですし、子供にとっても良い思い出になると思います。

子供があまり動きまわらない場合には大人も凍えますので、しっかりと着込んでいって下さいね(^_-)-☆

スポンサーリンク

-子供, 生活・住まい
-,

Copyright© 日々のはてなに答えるサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。